マンスリーマンションの効果的な探し方 失敗しやすいポイントも紹介

マンスリーマンションの入居を検討しているけれど、どのような基準で選べばいいのか分からず、困っている方は多いのではないでしょうか。本記事では、マンスリーマンションの効果的な探し方や失敗しやすいポイントについて詳しく紹介していきます。

マンスリーマンション探しで失敗しやすいポイント

マンスリーマンションとは、短期間での居住を前提とした賃貸物件です。通常の賃貸物件とは違い、あらかじめ部屋に家具や家電が用意されています。入居してすぐに新生活を始められるのが、マンスリーマンションの利点といえるでしょう。

しかし、一般の物件とは違うマンスリーマンションの契約内容は、初めて利用を考えている方にとってはわかりにくく不安を感じることもあります。

そこでまずは、マンスリーマンション探しで失敗しやすいポイントと、注意点について解説します。

部屋の詳細がわからないままの入居

前の契約者との入れ替わりで入居することが多いマンスリーマンションはほとんどの場合、事前に部屋の内見を行うことができません。契約をしたあとで後悔しないためにも、入居を決める前に、ホームページに載っている間取りや写真を確認して、部屋の雰囲気を確かめておくことが重要です。その際に見落としてしまいがちな点として、次のようなものが挙げられます。

  • 想像よりも部屋の中が暗かった
  • 家具などが配置されている影響で、思っていたよりも利用できるスペースが狭かった
  • 部屋の壁が薄くて隣室に音が漏れてしまう

部屋をチェックする際は、以上のような点に注意して、マンスリーマンションを選んでください。

マンスリーマンションなら当然あると思っていた家具家電が無かった

一般的なマンスリーマンションでは、生活に必要とされる次のような家具家電が付いてくることが一般的です。

ベッド、椅子(ソファ)、デスク、食器棚、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機、テレビ、DVDなどのプレーヤー、ドライヤー、Wi-Fiルーター、掃除用具

ただし、各マンスリーマンションで用意されている用具や用品には差異があります。そのため実際に入居してから、想定した家具家電が不足していたなどの状況が発生する場合があります。

たとえ家具家電つきのマンスリーマンションであっても、用意されている家具家電の種類について、事前に把握しておくことが大切です。

想定よりも費用がかかってしまう

マンスリーマンションは必要最低限の家具家電以外にも、生活消耗品に関しても随時用意してくれる物件です。入居してすぐに便利な生活が始められる一方、契約に含まれる諸費用の中には、それらのサービスを受けるための手数料が入っていることがあるため、注意する必要があります。契約の際には、実際に払う必要がある費用はどの程度なのか、契約書を見て、費用の内訳をしっかりと確認しておきましょう。

備え付けの家具家電は入居中自由に利用できますが、不注意で破損や故障をさせてしまった場合、交換や修理のために費用を追加で請求される場合もあります。余分なお金をかけないためにも、家具や家電は丁寧に扱うようにしましょう。また模様替えをする際も、床や壁などに傷を付けないように気をつけてください。

契約に違反する事項があった場合は、不動産管理会社から追加で利用料金を徴収される場合があります。1人の入居で契約を結んだにも関わらず、複数人で入居している、ペット禁止の物件でペットを飼っている、などといった契約違反にはくれぐれも気をつけてください。

マンスリーマンションの効果的な探し方・手順

それでは住心地の良いマンスリーマンションを見つけて実際に契約を結ぶためには、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか。以下で解説します。

ポータルサイトで検索

マンスリーマンションはインターネット上で気になる物件を探し、契約をするのが一般的です。なので、物件はポータルサイト上で検索することをおすすめします。なぜなら、マンスリーマンションの物件探しは通常の賃貸物件探しとは違い、不動産管理会社に直接赴き、物件を紹介してもらった上で気にいった物件があれば内見をして契約する、といった流れにはならないからです。

とくに大きな違いとして、内見ができない点が挙げられます。また、マンスリーマンションを取り扱う不動産は少なく、あったとしても知識が乏しいことが多いので、インターネットで探す方が早く、効果的といえます。

インターネットでマンスリーマンションを探すのに最も有効な手段が、ポータルサイトを利用して物件を検索する方法です。ポータルサイトには、複数の不動産管理会社の物件に関する情報がまとめて掲載されているため、それらの情報を一括で検索することができます。検索フォームで引っ越しを考えている場所や希望する条件などを細かく指定することで、条件に該当する物件を絞ることができ、より自分に合った物件を探すことが可能です。場所を指定する際も、都道府県や市区町村などの住所以外にも、利用する予定の沿線や駅名などの条件を指定できるので、交通の便を基準に探すのも良いでしょう。住所や駅名を入力しなくても、地図上からエリアを直接選んだり、物件リストから気に入った条件を探したりすることもできます。
まずはポータルサイトを利用して、気になる物件をいくつかピックアップしてみましょう。

気になる物件の確認

ポータルサイト上で気になる物件を見つけたときは、その物件をクリックすると物件の詳細ページに移動します。詳細ページには家賃のほか、間取りや広さ、築年数、設備、駅からのアクセス、周辺環境といった、物件に関する様々な情報が掲載されているので、細かく確認しましょう。自分が希望する物件に該当するかどうか、しっかりと確認することで契約後の後悔を減らせます。

詳細ページには、物件の写真が掲載されていることが多いので、どういった雰囲気の物件なのか見ておきましょう。データだけでは分からない情報や、実際に入居した際の部屋の感じや使い勝手などを、写真を見ることで得られます。急いでいる時は見落としてしまいがちですが、事前にしっかりと確認するのが失敗しないためのポイントです。

予約申し込み

入居を希望する物件が決まれば、実際の申込みに移っていきましょう。ポータルサイトの物件ページには、「申込み」や「問い合わせ」のボタンが付いていると思われます。そちらをクリックして申し込みページを開いてください。開いたページの申し込みフォームに、名前、メールアドレス、電話番号、問い合わせ内容などといった情報を記載していきましょう。不動産管理会社の人は、フォームに入力された情報を元に入居希望者に返信を行います。そのため申し込みフォームには正確な情報を記載するようにしてください。入力内容に間違いが無いか確認をした後、送信しましょう。

なお、申込みが終わった時点で、契約が完了したと安心してはいけません。この時点では、不動産管理会社との契約はまだ成立しておらず、注意が必要です。

不動産管理会社から連絡

申し込みからしばらくすると、入力したメールアドレス宛に不動産管理会社からメールが届きます。そこに記載された物件情報や見積もり情報をあらためて確認し、事前にサイトで確認した内容と相違がないことを確認しましょう。確認が完了した後、この条件で問題ないと納得できたら、不動産管理会社に契約の申込みを行いましょう。

契約

契約の申込みを行うと、あらためて不動産管理会社から契約書などの申込み書類が送られてきます。契約書に必要事項を記入し、あわせて身分証明書を提出するなど、不動産管理会社の指示に従い、契約に必要な所定の手続きを行ってください。必要な手続きを行い、不動産管理会社による審査が無事完了すると、契約成立です。

注意点として、不動産管理会社が物件の契約を結ぶ場合、重要事項を説明することが義務付けられていますが、マンスリーマンションの場合には、物件の所有会社やサブリースにて所有する会社との間で契約が結ばれるため、重要事項の説明が省略されてしまう場合があります。そのため契約が成立する前に、条件等についてお互いの認識に相違がないことを、よく確認しておきましょう。

マンスリーマンション選びを失敗しないためには、事前の確認が重要です。何のために入居するのか、どういった家具家電があれば快適か、交通や周辺地域の治安はどうか、という疑問や目的を明確にしておきましょう。ポータルサイトでは、駅チカ、女性向け、ペット可能などといった、こだわりの条件を指定して検索することもできます。例えばビジネスのリモートワーク目的でマンスリーマンションを借りる場合、WiFiルーターやデスクが用意されているかが、重要な条件になるでしょう。そうした情報もポータルサイト上の物件ページで確認することができます。

このようにポータルサイトをうまく活用して、自分にあった物件を見つけてください。

なお、東京でマンスリーマンションを探すならビジネスレジデンスをご利用を推奨します。

Search Apartmentsご希望の物件を探す

駅から探す

Search Apartments ご希望のマンションを探す