マンスリーマンションの家賃相場はいくら?家賃相場はどうやって決まる?

仕事の研修や出張、単身赴任だけでなく、プライベート旅行でのホテル代わりにも活用できるのがマンスリーマンションです。とはいえ、家賃や費用の相場はそれぞれの地方で異なっており、比較検討の余地があります。そこで、ここでは地域別のマンスリーマンションの相場と相場を決める要因を深掘りし、物件を安く利用する方法をご紹介します。

マンスリーマンションの家賃相場

関東、関西、そして九州は、それぞれ人口密度や地価などが異なるため、マンスリーマンションの費用もそれぞれで違いが見られます。
そこで、これら3地域において利用頻度が高い東京、大阪、福岡のマンスリーマンションの相場をご紹介します。

東京の家賃相場

東京におけるマンスリーマンションの相場は月額10万円〜15万円程度であり、日本で一番、価格が高くなっています。一般的な賃貸物件の賃料が高いのと同様、日本で最も人口密度が高く、地価がつり上がっているのが原因です。

大阪の家賃相場

東京の高価格に対して、大阪でのマンスリーマンションの相場は月額7万円〜10万円程度が多いです。関西地方の経済は大阪を中心に繁栄しています。とはいえ、東京と比べると物価が落ち着いているのが低価格の理由です。

福岡の家賃相場

大阪と同じように、福岡での相場も月額7万円〜10万円程度が多いです。九州において経済の中心地といえば福岡であり、家賃相場は大阪とほぼ同じになっています。

マンスリーマンションにかかる費用相場

物件を借りる際に家賃の他に気になるものは、水道光熱費や、敷金・礼金・保証金・仲介手数料、清掃費、管理費の初期費用、通信費です。知らなくて損をしないためにも、これらの費用相場を見てみましょう。

水道光熱費

マンスリーマンションの水道光熱費は1日あたり平均800円程度で、定額制がほとんどです。ただし、電気を使いすぎると追加料金が発生する場合も。

 

初期費用(清掃費、管理費、敷金・礼金・保証金・仲介手数料)

マンスリーマンションでは初期費用で料金が発生するのは入居前に支払う清掃費のみが多いです。管理費は物件により支払う必要がないケースもあります。敷金などは基本的にかかりません。

 

通信費

通信費といえば、今の時代はインターネットですが、多くの場合は家賃や管理費にその費用が含まれています。有料の場合、物件により設定料金が異なるため、安いところを探すひとつのポイントになるでしょう。

 

相場より高いマンスリーマンションの理由

マンスリーマンションの中には、一般的な料金相場より高いものがあります。マンスリーマンションの料金を決める要因を見ていきましょう。

部屋が広い

部屋が広いほど高くなる傾向にあります。つまり家賃水準の高いほうから1LDK、1DK、1Kの順ということです。

 

設備が充実している

部屋の広さと同様に、設備が充実するほどマンスリーマンションの家賃は高くなる傾向にあります。具体的には、バス・トイレ別や温水洗浄便座付き、浴室乾燥機、IH搭載などの物件は家賃が高くなります。

 

立地が良い

同じ部屋の広さや設備の充実さの物件の場合、立地環境が家賃を左右します。駅チカや都心に立地しているなどの物件は料金が高いです。

相場より安いマンスリーマンションの理由

一方で、マンスリーマンションには一般的な料金相場より安いものがあります。では、相場より安いマンスリーマンションの特徴を見ていきましょう。

3点ユニットバスである

3点ユニットバスだと家賃は安く抑えられます。比較的短期で滞在を終えるなど設備面よりも家賃の安さに重きを置く場合は利点となり得ます。

 

築年数が古い

築年数が古いことも家賃の安さに貢献します。築年数が古くても設備が整っているマンスリーマンションもあるため、隠れ優良物件を探すポイントともなります。

 

立地が悪い

相場より安い物件の特徴に立地の悪さがあります。運動不足を解消したい人やある程度歩くことが苦にならない人の場合は、最寄り駅まで長距離であることがプラスに働くこともあります。

 

マンスリーマンションの相場より安く利用する方法

マンスリーマンションの相場に影響する要因を踏まえることで、格安物件を見つけやすくなります。また下記の方法でも安い賃貸契約が可能となる場合もあります。

キャンペーン中のマンションを見つける

キャンペーン中のマンスリーマンションの物件を探すという手があります。本期間中は通常よりも安く借りられる可能性が高いのです。各不動産会社のキャンペーン情報をネットなどで時折確認すると良いでしょう。

現在TOKYO MONTHLY NAVIで実施中のキャンペーン物件はコチラよりご確認ください。

 

賃料の安い条件下でマンションを借りる

上記のポイントに着目して優良な物件をピックアップしたら、最後に、安さとそれに伴う不便さを天秤にかけましょう。安さとは、つまるところ不便さでもあります。賃料が安くなる条件と自分の許容範囲との兼ね合いを探ることで、納得する賃料の物件が見つかることでしょう。

 

まとめ

ビジネスの出張などで利用されるマンスリーマンション。ここでは三大都市(東京、大阪、福岡)での家賃相場の比較から、費用を決める要因(特に「清掃費」と「管理費」の有無の確認が大切)に迫り、物件を安く利用する方法を提案しました。
マンスリーマンションの利用には「特定の期間で家を離れる人」が向いています。相場や費用を抑えるポイントを把握すると同時に、ご自身の滞在期間などと照らし合わせて賢く判断することが大切です。

Search Apartmentsご希望の物件を探す

駅から探す

Search Apartments ご希望のマンションを探す